WizBiz資料探し TOP > 資料詳細

【マーケ担当はおさえておきたい!】広告が与えた純粋な効果が分かる、分析方法とは?

企業名:株式会社データム

~適切な判断は、適切な効果測定から~

データドリブン経営が注目されるなか、
広告施策を実施する上でも
広告の効果測定を行うことは必須です。

しかし、適切な判断をするには
「広告を認知した人」だけでなく、
「広告の影響を受けて購買活動に至った人」の割合を
知ることが、より大切です。

本資料では「チラシの広告効果」を例に、
「チラシを見て、その影響を受けて購買に至った人」の割合を導き出すことで、
チラシの売上高寄与分をダイレクトに推量する方法をご紹介します。

資料詳細説明

例えば、
「チラシを見て購買した人」の中には、
「チラシを見て、その影響を受けて購入した人」と「チラシを見ていなくても購入していた人」の
2つの数値が含まれています。

一般的な広告効果測定の場合、これら2つの数値を合算した
「チラシを見て購買した人」の数値を算出します。

しかし、これはよくありがちな効果測定です。
「純粋なチラシの広告効果」ではありません。

「チラシを見て、その影響を受けて購入した人」の割合を導き出すことで、
チラシの売上高寄与分をダイレクトに推量できる、“純効果度分析” をご紹介します。

広告施策をご担当されている方、
実践的なデータドリブン経営にご興味のある方にオススメの資料です!
簡単に説明しておりますので是非ご覧ください!

対象業種

全業種

対象企業規模

企業規模問わず

【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】

  • 資料のダウンロードに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
  • ご入力頂いた個人情報は、「株式会社データム」へ収集されます。
  • 「株式会社データム」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
  • 提供された個人情報は、各情報提供元企業のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

こんにちは ゲスト様

会員登録をしていただくと簡単にマーケティング資料をダウンロードしていただけます。

  • ログイン
  • 今すぐ無料会員登録する

厳選ホワイトペーパー

人気資料まとめ